クリップスタジオの基本的な使い方~画面配置をカスタマイズして快適な作業環境を~

画面をカスタマイズして快適に作業しよう!

画面の配置については本当に千差万別、人それぞれだと思いますが、僕は普段このような感じで使っています。

クリスタを起動したとき、初期画面にはたくさんのパレットがあります。

「ツール」や「レイヤー」、「素材」など、便利なのはいいんですけど、どれが必要なのか、よく使うのか分からないうちはパレットがたくさんあることにストレスを覚えたり、どこに何があるのか分からなかったりしてうぐぐぐ・・・。となりませんか?

[speech_bubble type=”drop” subtype=”L1″ icon=”nekosuke.jpg” name=”ねこすけ”] 僕はなります!!![/speech_bubble]

よく分からないものがたくさんあるのは嫌なので、まずはパレットを整理して自分なりに使いやすくカスタマイズしましょう!

 

よく使うパレットを好きな場所に配置することで効率よくお絵かきすることができます。

パレットの動かし方や、表示の有無については動画にしてみましたので、そちらを参考にしてみてください。

 

これさえあれば一通りOKなパレット

  • ツール
  • サブツール
  • ツールプロパティ・
  • レイヤー
  • ナビゲーター
  • カラースライダーまたはカラーサークル
  • カラーセット

パレットが多いとどうしても画面が狭くなってしまうので、よく使うもの・使いやすいと感じたものを最低限表示すると画面が広くなり作業がしやすいです。

それでも常に広々と画面いっぱいをキャンパスにしたい場合はキーボードの「Tab」キーを押せばすべてのパレットの表示・非表示が切り替えられます。

お気に入りの配置は登録しておこう

パレットの配置は、画面真ん中上部の「ウィンドウ」>「ワークスペース」>「ワークスペースを登録」で名前をつければ保存しておくことができます。

僕はいつも線画から着彩まで配置を変えずにできるようにしていますが、線画用の配置、着彩用の配置、など目的に合わせてパレットを用意してもいいかもしれませんね!

一度、ワークスペースを登録しておけば違う配置にしても元通りに戻せるので登録しておきましょう。

[speech_bubble type=”drop” subtype=”L1″ icon=”nekosuke.jpg” name=”ねこすけ”]僕は猫にキーボードの上を歩かれて画面がめちゃめちゃになることがたまにあるよ!登録大事![/speech_bubble]

☆ 各種パレットの説明

〇 ツール

色々なツールが一覧になったパレット。

鉛筆、筆、ペン、エアブラシ、塗りつぶし、範囲選択、テキストなど、イラストやマンガを描くのに必要なツールがすべてそろっています。

これは必ず必要なものだと思うので画面に置いておきましょう。

 

〇 サブツール

ツールをさらに細分化したものを表示してくれるのがサブツールです。

例えば、ペンツールは大きく「ペン」と「マーカー」の2つのグループに分かれています。

さらに、ペンの中にも「Gペン」や「丸ペン」、「カブラペン」など様々な種類があります。

エアブラシや塗りつぶし、デコレーションなどはサブツールの中身が多種多様で大きな特色があるので、これも出しておくと使い勝手が良いです。

 

〇 ツールプロパティ

ツールの中のさらに細かい設定を調整することができます。

ブラシサイズや透明度、ベクター吸着のなどもここから選択・調整できます。

 

〇 ブラシサイズ

鉛筆やペンなどのサイズを一覧の中から選ぶことができます。

太さを統一したいときや部分部分によってサイズを決めている場合、わざわざスライダーや数値を調節しなくても簡単にブラサイズを選ぶことができます。

自分の好きなサイズを登録することもできますよ!

 

〇 カラーサークル

サークル内と四角い色の中から好きな色を自由自在に選ぶことができます。

カラーサークルはHSV色空間とHLS色空間があり、右下のボタンまたは左上のボタンから切り替えることができます。

・HSV色空間
色相(Hue)・彩度(Saturation)・明度(Value)を調節して色を設定できます。

・HLS色空間
色相(Hue)・輝度(Luminance)・彩度(Saturation)を調節して色を設定できます。

 

〇 カラースライダー

様々な色の情報をスライダーで設定することができます。

カラースライダーは3個のリブで色の調節ができます。

・RGBリブ

RGBは光の三原色、「赤(Red)」「緑(Green)」「青(Blue)」を表しています。

この3色の割合を調節することによって色が作れます。

・HSV/HLSリブ

HSV …色相(Hue)・彩度(Saturation)・明度(Value)

HLS ・・・色相(Hue)・輝度(Luminance)・彩度(Saturation) で色を設定できます。

*切り替えはカラースライダーパレットの左上のボタンから切り替えることができます。

・CMYKリブ

CMYKはカラー印刷に利用される原色、シアン(Cyan)、マゼンタ(Magenta)、イエロー(Yellow)、黒(Key plate)を表します。

印刷時の色を表現してすることができます。

 

〇 カラーセット

標準的な色が一覧になっているので、そこから好きな色を選ぶことができます。

一覧には色の追加や削除、置き換えもできます。

標準カラーセットボタンを押すと暗色系や淡色系など似ている色合いのカラーセットなどもたくさんあります。

さらに、新規カラーセットでは自分だけのカラーセットを作ることもできます。

よく使う色やその時々に合わせたカラーセットを作るととっても便利です。

 

〇 中間色

四隅に色を置くことで、それぞれが混ざった絶妙な色合いを作ることができます。

 

〇 近似色

色相・彩度・明度・輝度・赤・緑・青のスライドを操作することで微妙な色合いなどを調節することができます。

 

〇 カラーヒストリー

今まで使った色の履歴を表示することができます。

どの色を使ったのか分からなくなった時やカラーサークルのスライダーを動かして元の色が作れない時などに便利です。

 

〇 レイヤー

今使っているレイヤーを表示したり、レイヤーの追加や削除などレイヤーに関するありとあらゆることがここでできます。

たくさんボタンがあるんですが便利でよく使うのは

  • 新規ラスターレイヤー
  • 新規ベクターレイヤー
  • レイヤーを削除
  • 合成モード
  • 不透明度
  • クリッピング
  • マスク

などです。

合成モードやクリッピング、マスクについてまたの機会に説明したいと思います。

 

〇 レイヤー検索

レイヤーの種類や状態などによってレイヤーを検索することができます。

新規レイヤーなどを作成することもできます。

 

〇 レイヤープロパティ

レイヤーごとにさらに詳しい設定を調節したり、変更したりすることができます。

 

〇 アニメーションセル

アニメーションを作る時に他のセル(レイヤー)を見ながら書くことができます。

詳しくはアニメーションの記事で説明したいと思います。

 

〇 タイムライン

アニメーションを作る時にセルを表示させたり、重ね合わせたりするタイミングを指定するときなどに使います。

詳しくはアニメーションの記事で説明したいと思います。

 

〇 ナビゲーター

キャンパスにの表示を管理します。

ズームアウトやズームイン、回転や反転も行うことができます。

 

〇 サブビュー

参考画像を取り込み、色を抽出することができます。

右下にある読み込みから参考画像を読み込み、スポイトで色を抽出することができます。

複数の画像を読み込むこともできるので参考にしたい画像がある時に便利です。

 

〇 ヒストリー

操作の履歴を記録することができます。

戻りたい操作の項目をクリックすることでその直前の状態にキャンパスを戻すこともできます。

ただし、履歴に記録できる上限は取り消し回数で設定した数値までです。

 

〇 オートアクション

複数の操作を記録し、まとめて実行するこができます。

マクロみたいなものかな?

 

〇 情報

システムのメモリの負荷率などを表示します。

 

〇 アイテムバンク

キャンパスで使用しているファイルオブジェクトレイヤーについて参照先などを管理します。

アイテムバンクはキャンパスごとに設置できるので、例えばイラストの作成に使う資料などをまとめておくとファイルを呼び出しやすかったり、大量に素材登録するのが大変だったりする時に便利です。

また、複数人で同一ファイルの作業を行うときはアイテムバンクを共有することでデータの閲覧や使用が容易にできます。

 

〇 素材

漫画やイラストに使用する様々な素材を管理することができます。

 

どうでしょう?

それぞれのキャンパスについて大まかな説明でしたが、これらをうまく使えば色んなことができそうですよね!

一度実際に使ってみたり、パレットを配置してみながら自分が快適に楽しく作業できるキャンパスを作ってみてください!

 

以上、ねこすけでした!

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください