ラスターレイヤーとベクターレイヤーの違いを解説!特徴を知ってレイヤーを使いこなそう!

☆ ラスターレイヤーとベクターレイヤーのちがい

絵を描くときに使うレイヤーは主にラスターレイヤーとベクターレイヤーがあります。

皆さんはその違いを知っていますか?

 

基本的にラスターレイヤーは線から色塗りまですべてのことができるレイヤーです。

[speech_bubble type=”drop” subtype=”L1″ icon=”nekosuke.jpg” name=”ねこすけ”] じゃあ、ベクターレイヤーは必要ないのでは??[/speech_bubble]

いえいえ!実はこの2つのレイヤーは仕組みや構造が全然違うんです!

〇 ラスターレイヤー

ラスターレイヤーは例えるなら、見えない方眼紙にドット絵を描くような構造をしています。

コピー機とかファックスと同じ原理ですね。

なので、ラスターレイヤーは線を書くことも色を塗ることも自由自在にできます。

しかし、元々ドットで出来ているため、拡大や縮小に弱く、大きさなどを変化させるとジャギ(ドットのギザギザ)が目立つようになってしまいます。

 

〇 ベクターレイヤー

ベクターレイヤーは制御点と呼ばれるポイントの集合体であり、ペンの軌跡や筆圧を“データ”として記録することができます。

なので、拡大や縮小など大きさを変えてもデータを再調整できるのでラスターレイヤーのようにジャギが発生しません。

制御点は「操作」ツールで動かすことも出来るので、描いた後で修正することも出来ますよ!

 

しかし、ベクターレイヤーで色塗りをすると線で書くことになってしまうので、「面」に対して行う色塗りは苦手です。

[speech_bubble type=”drop” subtype=”L1″ icon=”nekosuke.jpg” name=”ねこすけ”]

それぞれのいいところを活用するためには

線画までが ベクターレイヤー

色塗りは  ラスターレイヤー で行うといいね!

[/speech_bubble]

 

○ 各種レイヤーの使い方

レイヤーパレット内にある「新規ラスターレイヤー」「新規ベクターレイヤー」を選ぶと早いです。

他には、上部メニューバーから「レイヤー」>「新規レイヤー」を選びラスターレイヤーかベクターレイヤーを選択できます。

 

クリスタにはベクターレイヤーでしか使えない便利な機能もたくさんあります。

 

◎ ベクターレイヤーでしかできないこと ◎

● ベクター吸着
● ベクター消去
● 線修正のサブツール線幅修正の「指定倍に拡大、縮小」「一定の太さにする」
● 線修正のサブツール内にある「ベクター○○」系   など

◎ ベクターレイヤーではできないこと ◎

● 塗りつぶし
● グラデーション
● 色をまぜること   など

 

ベクター吸着の便利技はこちらの記事に詳しく描いています。

同人誌制作日誌その4 原稿を進めよう!クリップスタジオ(クリスタ)の便利機能を紹介!これで作業がサクサク進む!

 

[speech_bubble type=”drop” subtype=”L1″ icon=”nekosuke.jpg” name=”ねこすけ”] 僕もレイヤーの種類や機能の違いが分かっていなかった時はラスターレイヤーじゃないとできないことをベクターレイヤーでやろうとして「え?!なんでこのツール使えないの!?」と困惑したり、ラスターレイヤーに線画を描いてジャギまみれになったりなどモヤモヤイライラすることがたくさんありました。[/speech_bubble]

快適に楽しくお絵かきするには、時にはちょっとしたことを知っていることも大切ですなのでレイヤーの違いを知っておこう!

 

以上ねこすけでした!

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください